Spiritual essay

【アウェイクニング】自分が誰だかわからない・・レイキヒーラーさんが霊視したわたしの霊体

アウェイクニングして間もなく、わたしはとあるヒーラーさんの遠隔レイキヒーリングを受ける機会を得ました。

アウェイクニング後、まるで〝今まで30数年間生きてきた自分は現在の自分とは全くの別人である〟というような、あまりにも確信に満ちた感覚を味わっていました。

それは決して居心地のいいものではありませんでした。

アウェイクニング後「自分のことを何一つ知らない」感覚に陥る

そのレイキヒーラーさんのヒーリングは、レイキヒーリングを送った後に見えたビジョンや、過去世、守護霊からのメッセージを伝えてくれるというものでした。

ヒーラーさんの口コミには「感激した」などの感動に満ちた感想が多く、わたしは遠隔ヒーリングを受ける日を何ヶ月も前から待ちわびていました(予約が多いため待機でした)。

なぜならアウェイクニング後、わたしは今まで過ごした30数年間がまるで虚無のように感じられて、生まれたての成人(普通は赤ん坊なんだけど)のように「自分のことが何一つわからない」と途方に暮れていたのです。

少しでも自分を知る道しるべが欲しい・・と切に願い、すがる思いで申し込んだ人生始めてのレイキヒーリングでした。

スポンサーリンク

人生初めてのレイキヒーリングでうなされる

当日、期待を胸に受けた人生初のレイキヒーリングは「気持ちいい」とは感じられず、ヒーリングとは似ても似つかぬものでした。

どちらかというと、うなされる体験でした。

その後、別のヒーラーさんからレイキヒーリングを受ける流れとなるのですが、ここで初めて「レイキヒーリングはこんな感じなのか!」と心身が癒される体験をしました。

今思えば、自分自身のヒーリングを受け入れる体勢が整ってなかった・・としか思えません。

そして初めてのレイキヒーリング後、ヒーラーさんから電話がかかってきてお待ちかねのセッションタイム。

ヒーラーさんが発せられたのは衝撃の一言でした。

「何も見えませんでした。」

わたし「えぇっ・・・・・!!!??」

どうやら、本当に何も見えず、何のメッセージもなかったようです(笑)わたしは、ショックのあまりに立ちくらみがしそうになりながら、何とか話の続きを聞きました。

スポンサーリンク

レイキヒーラーの霊視を拒んだわたしの霊体

ヒーラーさんの話では、わたし自身(ヒーラーさんの見えたビジョンでは、髪を結い着物を着た昔の人物)が「今の自分を人に見られたくない。」と言ってかたくなに見られることを拒否していたようです。

そしてヒーラーさんがご自身の部屋にわたしの霊体を招き入れたら、「わたしもこんな風になりたい。」と言っていたそうです。

ヒーラーさんは絵描きでもあり、招き入れてくれた部屋は絵がたくさん飾られたアトリエでした。

ちなみに、ここまでの話はわたしは何一つ記憶に(当たり前ですが)ありません。あくまでわたしの霊体とヒーラさんのやりとりだそうです。

そして最後に、「唯一感じられたのは、何だか化石?流木のようなカラカラに乾いてしぼんで、干からびたようなものでした。」と告げられました。

つまり、アウェイクニング直後のわたし(=それまで生きてきたわたし)は干からびた化石のような状態だったのです。

ここからもわかるように、わたしのアウェイクニング体験は生(心の死)の存続に関わる危機的な状況で起きたものでした。

アウェイクニング後「自分を愛するワーク」を始めていく

完全に心身ともに打ち砕かれたわたしは、なかなか強い関西弁のヒーラーさんの口調に勝手に傷つきながら、「わたし何一ついいことないじゃん・・・」と思っていました。

アドバイスが欲しかったんですね、その時。

ヒーラさんは「もっと自分を愛して。」と言い、自分を愛する簡単なワークを教えてくれました。

それは、鏡の前に立ち、自分の瞳(瞳孔)に映った自分を見ながら「愛しているよ」と言うワークでした。

「愛しているよ。大丈夫だよ。心配性なわたしはちょっと休んでていいよ。大丈夫だから。」

と、心がスッキリするまで話しかけます。

初めのうちは内心「そんな馬鹿な。」と思いながらしてましたが、ポジティブな言葉が自分の口から発せられ、その自分の声を耳で聞くことで、随分と癒されてきました。

潜在意識に届くんでしょうね。

瞳は過去世と同じ、とも聞いたことがあります。そう考えると、鏡に映った自分の瞳はまるで誰か知らない人にも見えます。

それからのわたしは、カラッカラに乾いてヒビが入った自分に水をたくさん与えていく毎日を送ろうと奮闘していきます。

自分を愛するワークはとても簡単なので、おすすめですよ。

error: Content is protected !!