Spiritual essay

【スピリチュアル】身に覚えのない懐かしいビジョンを見るのは魂の記憶?

わたしはよく、寝入りばなのウトウトしているときに「身に覚えのない懐かしいビジョン」を見ることがあります。

そのビジョンは不思議なことに、現実では全く身に覚えがないのにも関わらず「確かに一度経験したことのある懐かしい感情」を伴うのです。

現実では身に覚えのない懐かしい記憶のビジョン

先日はこんなビジョンを見ました。

何やらこの世に生まれる前のわたしらしき人間の頭の中に、わたしの「意識体」がボルトやチップのようなものを埋め込んでいました。

このビジョンを見て「あ〜そうそう、そこにそれ入れたんだっけ。懐かし〜!!」と、昔の記憶を思い出してとっても懐かしい思いがこみ上げてきたのです。

例えるなら、古い友人と再会して話に花が咲き「そうそう!それそれ!そんなことあったよねー!!!」と身体中が懐かしさでいっぱいになる感じです。

どうやらわたしは、生まれる前に自分自身を設計して生まれてきたようなのです。

おそらく現世で自分が経験するために必要なものを、まだ意識の入っていないサイボーグのような人間の頭の中(自分)に埋め込んでいたのです。

スポンサーリンク

ビジョンから意識が戻るともう思い出せない

また、ビジョンの中では現実では会ったことのない人物の顔を明確に見て、懐かしい思いに浸ることもありました。

その人物の背格好や、髪型、笑う表情を覚えているのです。

やはりここでも「あぁ・・懐かしい」という感情に全身が包まれます。

しかしです・・。

「ハッ」と、とても短い眠りから目が覚めて完全に意識が戻ったときには、どうして懐かしかったのかをもう思い出せないのです。

ビジョンの中では、確かに昔の記憶を思い出して懐かしい感覚を掴んでいます。

そこまでは覚えているのですが、ビジョンの中のように自然とこみ上げる懐かしさはもうありません。

「どうして懐かしかったのだろう?」と、もう思い出せないのです。

スポンサーリンク

まとめ

皆さんもこんなことありますか?

もっと自分の意識が高まれば、意識が完全にこちらに戻っても記憶を保てるのかな?と思います。

アセンション的な話でいえば、まだわたしは目が覚めておらず眠ったままこの世を生きているんでしょうね・・。

それにしても、懐かしさというのは故意に感じようと思っても感じられるものではありません。

一度経験していないと懐かしさって感じることができないんですよね。

とすると、やはり現世で経験したことがないのに感じる懐かしさは「魂の記憶」、つまり過去世やこの世に生まれる前の意識体の自分の記憶なのでしょうか。

error: Content is protected !!