スピリチュアル体験

故人のスピリチュアル体験“人は死んでも無にならないからこそ今を大切に”

祖母は生前、毎日仏壇に向かってお経を唱えるのが日課だったそうです。

そんな祖母が亡くなったのはもう10年以上前のことですが、今年のお盆に法要があり、祖母との不思議なエピソードを思い出しました。

亡くなった人の声が聞こえた

祖母が亡くなった時、お葬式は祖母の自宅で家族のみで行われました。

祖母の意向だったためです。ささやかで心のこもったお葬式だったと思います。

馴染みのお坊さんが家に来てお経を唱え始めたとき‥

わたしはお坊さんの声に重なって女の人の高い声が高らかとお経を唱えるのが聞こえました。

それはまるで歌うかのような声で、声量はお坊さんの声と同じくらいでした。

その声はわたしの隣に座っている母のあたりから聞こえてくるので「ちょっとお母さん、すごいな(笑)」と不謹慎にもびっくりしたものです(母は普段、モゴモゴと聞こえるか聞こえないくらいの声でお経を唱える人だったので)。

母がたの祖母だったので、感情が入っているのだとその時は思いました。

女の人のお経を唱える声はお坊さんのお経が終わる最後の一声まで、ずっとピタリと重なって聞こえました。

その後、母に「大きい声でお経唱えてたやろ?」と言ったところ母はとても驚いた顔をして、首を横に振りました。

次に驚くのはわたしの番でした。

「えっ‥じゃあずっと女の人の声がお坊さんのお経に重なって聞こえてなかった??」と母や周囲の家族に聞くと、誰1人とその声を聞いた人はいなかったのです。

その後、お坊さんと「たまに不思議なことがあるんですよね。」と談笑の上、お葬式はしめやかに終わりました。

母から「祖母はいつも高い声で毎日お経をあげるのが日課だった」と聞き、あの声は祖母だったのだと確信しました。

祖母は、最後に母の隣に座っていたのかもしれません。

スポンサーリンク

法要での不思議体験

今年の夏に法要があり「また祖母の声は聞こえるだろうか?」と思いましたが、意識してお経を唱えている最中は聞こえませんでした。

途中、娘が「のど乾いた」と言い出して退席してお茶を飲ませていたところ‥一瞬ふいに祖母のお経を唱える高い声が聞こえたような気がしました。

あれ?と思った瞬間、もとの空間(ボソボソとお経を唱える家族たち‥)に戻りました。

もしかしたら気のせいかもしれないなと思いましたが、たいていの場合、こういうことは勘違いではないものです。

スポンサーリンク

故人のスピリチュアル体験“人は死んでも無にならないからこそ今を大切に”:まとめ

人は死んだら「無」になるというのが、一般的で常識的な考え方かもしれません。

それゆえに、人は死ぬまでに心残りがないようにとか、何かを遺したい(残したい)と願うものですよね。

わたしもそう思っていましたが、この時20歳そこらだったと思いますが、どうしても科学的に説明のつかないことがあり、そして人は肉体が死んでも意識は存在するのだと初めて実感しました。

人は死んでも無にはなりません。

もともと今の魂も、ほとんどの人がなんども死んで生まれ変わった(転生した)魂であることが多いと思います。わたしもそうですが。

だからこそ、この1度限りの今生の魂を「使い切る」つもりで、たくさん喜びや愛の体験をしたり、今生限りの自分の姿形や生い立ちを愛して、今生限りの出会う人たち(過去生で出会っていても今生は1回限り)とたくさん喜びを感じて慈しみたいと思います。

祖母は生前いつもわたしに「感謝が足りない」と言っていたこともあり、「今に感謝して今を愛しなさい、大切にしなさい」と教えてくれたような気がしてなりません。

error: Content is protected !!