スピリチュアル体験記

ツインレイと出会う前の夢は予兆?会話したり抱き合う経験をして顔も見る

ツインレイと夢で会うのはもうすぐツインレイと出会う予兆とも言われています。

ツインレイと夢で会話したり、ツインレイを夢で抱きしめる体験を先日の夢で経験しました。

夢にも関わらず、「この人がツインレイだ」とはっきりくっきり認識をしていました。

ゲリーボーネル氏の個人セッションを受けてからというもの、寝る前にはガイドに話しかけるようになり、見る夢の質も明らかに変わってきたような気がします。

ツインレイと出会う印象的な夢だったので、備忘録として残しておきます。

ツインレイと夢で会うのは予兆?

ツインレイと出会う前の夢は、現実でもうすぐツインレイと出会う予兆や予知夢とも言われます。

その理由は、ツインレイは魂の片割れなので潜在意識で繋がっていてテレパシーを送り合ってるから‥らしいです。

わたしの場合、知らない異性が夢に出てくることは特に珍しいことではありません。

ただ今回は、夢の中で「彼がツインレイだ」と明らかに認識していたことと、彼の姿がどんな人か明確に見えたことと、今までにない幸福感に包まれていたので、これからツインレイに出会う予兆として‥あり得なくもない‥か?と思ったのでした。

先日のゲリーボーネル氏の個人セッションで聞き忘れたことは、パートナーシップについてでした。一番聞きたいと思っていたのに。

ゲリーボーネル氏個人セッション感想!余命や宇宙人についてわかったことゲリーボーネル氏のセッションを受けた感想をブログに書きます。 2021年にゲリーボーネル氏の個人セッションをZOOMで受けました。...

恥ずかしながら、今まで本当に愛した男性がいません(ゲリー氏にもそれは言われた)。

でも、私は一生1人で生きていく人間ではなく、パートナーが存在するというのも知っていました。

それは以前、スピリチュアルカウンセラー(でいいのかな?)の椎原勇さんのセッションで言われたこともあり、自分でもそう感じていました。

早く出会いたいなぁ‥というのが本音ですが、最近見た夢はそのツインレイと出会う夢でした。

スポンサーリンク

ツインレイが夢に出る

ツインレイが夢に出てきて顔もはっきりと見えたけど、今まで私が好きだった男性のタイプとは真逆のタイプでした。

わたしは、少々キザでナルシストでシリアスでちょっと影のあるイケメン風が好きでした(自分で言ってて恥ずかしいやら情けないやら)。

ただ、今までの経験から言うと大抵そういう人と付き合っても、化けの皮が剥がれたように理想とは全然違い、長続きはしませんでした。

もちろん交際をした相手もわたしのことを同じように思っていたし、恋に恋する男女同士がおつきあいの真似事をしてみた程度だったのだと思います。

スポンサーリンク

ツインレイと夢で話す

夢の中に現れたツインレイはというと、超ひょうきんで裏表なく、お世辞にもかっこいいとはいえず、ヘラヘラ笑って「好きだよ!好きなんだ!」と両腕をラジオ体操の時の深呼吸のように大きく開き、惜しげも無くわたしに愛情を伝えてきました。

彼の周りにあるオーラは蜜柑色の明るいだいだい色。服もそんな色だったような(笑)

パーカーのようなものを着て、お世辞にもオシャレとかかっこいいとかとは程遠い、ただすごく自然体の人でした。

わたしは「タイプではないな〜」と思いながらも、彼の気持ちがとても嬉しくて、後日知人を伝って交際OKの返事を出すことを決めました(※夢の話ですよ笑)。

彼の名前はシュウヘイとかヨウヘイとか、「〜ヘイ」だった気がする。

また、わたしは筋肉やマッチョの男性が好きだけど、彼はとても華奢な細い人で、わたしは夢の中で彼と交際を決めた時に「痩せなきゃな〜。彼が細すぎるからわたしの方がでかい。ちょっとそれはね。」とまで考えていました。

ツインレイと夢で抱き合う

ツインレイからハグされた時、優しさ、暖かさ、純粋無垢な愛をすごく感じて、夢から覚めてもずっと余韻に浸っていました。

彼のハグは熱烈や情熱、性的なイメージからは程遠く、わたしの背中に回した彼の手でポンポンと軽くタッチされる感触がまるで「今までよく頑張ってきたね。」と言われているような、優しいハグでした。

夢の中でわたしは、「やっとツインレイに出会えた。」とはっきりと認識していて、「思ったより早かったなぁ。ゲリーさんは知っていたのかな、だから教えなかったんだね。」とか思って、満足感と歓喜の気持ちに浸っていました。

本当に素晴らしい気持ちで、人生の課題を1つやり遂げたような満足感と、彼と出会えたことの最上の喜びに包まれました。

肩の荷が降りる感覚もありました。子供を産んだ時の感覚とも似ています。

まとめ

本当の現実世界でツインレイと出会ったら、そんな気持ちになれるのでしょうか?

夢の中では、出会ってすぐ彼がツインレイだと認識していました(タイプではないと思いつつ)。

彼がツインレイだと認識しつつ、そこから交際スタートというような流れでした。

近い将来、同じ現象が現実で起きたらとても面白いなと思っていますが、もし起こったら報告させていただきますね(笑)

本当の自分になればツインレイと出会うとも言われますが、そういえば少し前に「わたしはわたし以外の何者にもなれない。わたしはわたしである。」と腑におちることがありました。

特に何かが起こったわけではないけど、ストンとそんなことが腑に落ちとても楽になったのです。

そのせいだったら、もっともっと本来の自分に還り、ツインレイと出会いたいと思うばかりです。

 

error: Content is protected !!