Spiritual essay

【引き寄せの法則】夢で人生のアドバイスやアファメーション文の書き方を教わる

アウェイクニング後、夢の質はどんどん変わっていきました。

今回は、その一例を紹介します。

人生に悩んでいる内容について、夢で思わぬアドバイスをもらう話です。

夢でクリスタルからアトバイスをもらう

夢の中で、わたしはただ何もないふんわりとした暖かい空間で、大きなクリスタルを抱いて座っていました。

そして、当時悩んでいたことをクリスタルに伝えました。

「ハンドメイド作家になりたいです。どうしたらいいですか?」

すると、クリスタルは「寝てください。」と即答しました。

正確には、空間いっぱいに優しい女の人の声が響き渡るような・・もしくは、言葉を発し合うコミュニケーションを取らなくても、頭の中にその言葉の意思が一瞬で伝わってくるような感覚でした。

目が覚めた時も夢の内容を鮮明に覚えており、「エッ、寝てください?(汗)」と期待していた回答と違って滑稽に思えました。

実際にわたしは、当時、仕事と育児の合間に寝る間を惜しんで調べ物をしたり、体調に無理をして制作を続けてすっかり疲弊していたので、ずばり的を射ていました。

スポンサーリンク

【引き寄せの法則】夢でアファメーションの書き方を教わる

夢の中では、とある2人の人物と会話をしました。

1人はなぜか中学校の同級生男子(姿は当時のまま)で、もう1人は知らない女子(中学生くらい)でした。

男子から「どういう風にアファメーションしてる?」と聞かれ、わたしはとっさに「ん〜、33歳までに結婚するとか、何歳までに子どもを産むとかかな。」と答えました。

(ま・・実際は、結婚は過去2回もして子どもを産んでいるんですけど、なんとなく正直に伝えるのが恥ずかしかったので、その事実は伏せておきました。)

すると男子は「ぷっ」と小馬鹿にして笑って、「こんなんでいいんだよ。」と言って自分のノートをペラペラと見せてくれました。

覗き込むと、何やらサークル状の図が書かれていて、人生で実現したい願望がところどころにつけ加えられていました。

時期など一切関係ないようです。とっても大雑把な図でした。

普段、アファメーション文を箇条書きでしか書いたことがなかったので、とても斬新でした。

スポンサーリンク

夢で物事の優先順位のつけ方を教わる

すると、一緒にノートを覗き込んでいた女子がわたしの真向かいに立ちはだかり、「こう考えてみて。」と言ってきました。

「それをする時間がわたしにはあるか?」

(わたしにはやるべきことが山のようにある・・という前提で)

・・そこで夢は終了です。

このアドバイスは、今後何かを判断する際にわたしにとって宝のような言葉になりました。

なぜなら、現実的にやるべきことが沢山あり(主に子育て)、1日に1〜2時間しかない自分の時間をどのように使うかをいつも迷っていたからです。

その数時間を休息に使うことにはいつも罪悪感を覚えていました。

「〜したほうがいいかな?」「いやいや、〜するべきかな?」「・・本当にしたいのかな?でも眠たい。」といった風に。

今、なにか行動に移そうとするときは「わたしにはそれをする時間はある?」と問いかけます。

すると、体が疲れているときは自然と「ない。」と即答できて、罪悪感を感じずに休息をとることができるようになりました。

また、自分がやるべき物事の優先順位がつけやすくなったのはラッキーでした。

error: Content is protected !!