スピリチュアル体験

スピリチュアルアウェイクニングでサードアイ覚醒?恐れの状態で繋がるものに注意

スピリチュアルアウェイクニング後、わたしを一番驚かせたのは夜になると光や幾何学模様、虹のシャワーなどが見え始めたことでした。

さらに自分の準備ができていない状態で「繋がろう」とし、見えるものの良し悪しが自覚できずに変なものとも繋がってしまった体験もシェアします。

ちなみに、わたしは元々霊能者やサイキックの「視える人」ではないので光を見たことは今までに1度もありませんでした。

(人型の幽霊を見たことは1度だけあります‥人と全く一緒でした。)

肉眼ではなくサードアイで見える光の体験

スピリチュアルアウェイクニング後に見え出した光は、はじめは肉眼で見えているのかと思いました。次第に、サードアイで見ているのだと分かりました。

理由は、目を閉じていても見えるからです。

目を閉じていると暗闇の中から揺らめく光が見え始めて、そこで初めて目を開けると、まったく同じ景色が目の前に広がっています。

最初はギョッとしましました。そのうち龍などのはっきりした形も見えるのですが、全く同じパターンでした。

その光は、目を開けたまま凝視したり頭を振っても変わらずそこにあり続けますが、意識を変えて見ないようにすることもできます。

〝意識を変える〟とはシャットダウンするか、電気をつけたり起き上がったりして日常の意識に戻すことです。

疲れていてすぐに眠りたい!という時は、目を閉じるだけだと見えてきてしまうので上記の方法で光を見ないようにしていました。

スポンサーリンク

スピリチュアルアウェイクニング後に見えた光の変化(初期)

分かりやすく絵にしてみました。初めて光が見えた体験は今でも強烈に覚えています。

視界から見える景色はこんな感じ↑(図)

部屋の電気は消灯して真っ暗な状態で、室内のクローゼットや壁などが見えています。

光の帯:パターン1

布団に入ってぼーっとしたり瞑想をしていると、オレンジ色の光の帯が天井からすーっと降りてきます。

例えるならサーモグラフィーの映像のような感じです。

光はどこからともなく現れ、広がり、収縮し・・驚いたことにめちゃくちゃ動き回っていました(不規則な動きで、まるで意思を持った生き物のような感じ)。

目の前をすーっと横切っていく光を見て、当時「なんんじゃこりゃ、夢か?」とおったまげたのは言うまでもありません。

この光が最初に見えたものですが、これは全く嫌な感じはしませんでした。

光の帯:パターン2

次はこんな感じ。

離婚を機に引っ越すと、新しい家で見える光が変わりました。

布団に入ってしばらくすると、部屋の中がこのように見えます。自分で言うのもなんですが、そっくりに描けました(ほんとこんな感じ!)。

中心に少し抜けがあるので、大きなドーナツ型の光に視界を覆われる感覚です。この光もゆらゆらと動いていて、綺麗なグラデーションがあります。

この光は目を閉じていても開いていても両方見えるのですが、なんと違う場所(マッサージサロンでうつ伏せになって目を閉じている時)も見えました。丹光だったのでしょうか?

マッサージサロンでベットにうつ伏せになっている時って、顔面がベッドに押し付けられているので「見る空間」ってほとんど無いんですよね(笑)

どんなシチュエーションでも関係なくてちょっとびっくりしました。

スポンサーリンク

内なる恐れから無自覚に不穏なものと繋がる危険性

それで、次第に見えるものは多様化していきます。

その見えるものが本当に良いものなのか?について、当時は全く気づかなかったか、うっすら気づいていたけど信じたくなくて見ないようにしていた‥ことがありました。

今でははっきりと分かりますが、グラウンディング不足や自分の内側と十分に向き合っていない状態(スピリチュアルにうつつを抜かしていたって感じ)、さらに未知のものと繋がるという恐れも感じている中では、不本意にも変なものと繋がることが多々ありました。

例えば、「龍だわ」と思って名前を呼んだりサポートをお願いしたりしていたけど実はその正体は昆虫型の宇宙人だったり‥笑(実話です)。

またそれとは別に完全に龍の形態で見えることもあったけど、嫌な感じがしたり、鬱陶しかったり。

当時、この現象が気になって何人かのヒーラーさんや透視できるサイキッカーにセッションしてもらいましたが「龍ですね、名前は〇〇。変なものじゃないからサポートしてもらえるように積極的に声をかけると良いよ。」など言われましたが、納得できない節もありやっぱり自分の感覚が一番重要だとわかりました。

それから1年半以上経って、別のヒーラーさんから「宇宙人」とはっきり言われた時には納得しました。この話はけっこう長くなるので、また別の回で書きます!

結局は、自分の中にある無意識レベルも含めた「恐れ、不安、怒り、抑圧‥」などの感情から、同じようなもの(目に見えない)とエネルギー的に繋がってしまっていたようです。

すべては自分発信なんですよね。

スピリチュアルアウェイクニングでサードアイ覚醒?恐れの状態で繋がるものに注意:まとめ

当時、サードアイが活性化されていると眉間が痛いほどウズウズして気持ち悪い感覚がありました。

いろいろと見えてしまって、自分でコントロールもできないし見えているモノの良し悪しがわからない状態で「繋がろう」とすることは、けっこう危険な行為だったと思います(今思えばこそ)。グラウンディングをするという発想もありませんでした。

スピリチュアルなツール(ネットや本など)には様々な情報が発信されていますが、やっぱり一番重要なのは“自分の内側”で、そこから全てが派生しているから自分を見つめていく作業が必要であることを痛すぎるほどに実感できる機会でした。

意外と、スピリチュアルな人が「龍が現れて〇〇と言っている」という話も低級霊や高次のふりをしてる別のものだったりして‥なんて発想も生まれましたが、この時期に龍に関する本はほとんど楽しく読破しました(笑)

error: Content is protected !!