Spiritual essay

サードアイ覚醒で幾何学模様や光が見えるようになった変化【アセンション症状】

アウェイクニング(アセンション)後にわたしを一番驚かせたのは、夜になると光や幾何学模様(フラワーオブライフ)、虹のシャワーなどが見えるようになったことでした。

今回は、その体験を紹介しています。

ちなみに、わたしは元々霊能者や何か特殊な能力を持っている人達のような「視える人」ではないので、光を見たことは今までに1度もありません。

(人型の幽霊を見たことは1度だけあります。)

「光」は肉眼じゃなくてサードアイで見ている

光の見え方ですが、肉眼で見ているようで実際はサードアイで見ているのだと感じています。

理由は、目を閉じていても見えるからです。

目を閉じていると暗闇の中から揺らめく光が見え始めて、そこで初めて目を開けると、まったく同じ景色が目の前に広がっています。

ギョッとします。

そのうち龍などの霊体も見えるのですが、全く同じパターンです。

光は、目を開けたまま凝視したり頭を振っても変わらずそこにあり続けますが、意識を変えて見ないようにすることもできます。

〝意識を変える〟とは、シャットダウンするか、電気をつけたり起き上がったりして日常の意識に戻すことです。

疲れていてすぐに眠りたい!という時は、上記の方法で光を見ないようにすることもあります(目を閉じるだけだと見えてきてしまう)

スポンサーリンク

アセンション症状:アウェイクニング後に見え始めた光の変化(初期)

アウェイクニング後間もなくして、光は見え始めました。

それは、夜になって就寝する際に見えます(部屋は消灯済み)。

視界から見える景色はこんな感じ↑(図)

部屋のクローゼットや壁などが見えています。

【アウェイクニング後に見え始めた光の帯】パターン1

布団に入ってぼーっとしたり瞑想をしていると、オレンジ色の光の帯が天井からすーっと降りてきます。

例えるならサーモグラフィーの映像のような感じです。

光はどこからともなく現れ、広がり、収縮し・・驚いたことにめちゃくちゃ動き回ります(不規則な動き!)。

目の前をすーっと横切っていく光を見て、当時「なんんじゃこりゃ、夢か?」とおったまげたのは言うまでもありません。

【アウェイクニング後に見え始めた光の帯】パターン2

そして現在はこんな感じ。

離婚を機に引っ越すと、見える光が変わりました。

布団に入ってしばらくすると、部屋の中がこのように見えます。自分で言うのもなんですが、そっくりに描けました(ほんとこんな感じ!)。

中心に少し抜けがあるので、大きなドーナツ型の光に視界を覆われる感覚です。

この光もゆらゆらと動いていて、綺麗なグラデーションがあります。

スポンサーリンク

サードアイ覚醒で幾何学模様や光が見えるようになった変化【アセンション症状】:まとめ

わたしはアウェイクニング後に「アセンションする!」と決めて、現在その過程にいます。

意外とネットで調べても、こういった現象について解明できる記事ってないんですよね。

新しい体験があるとその意味や答えを知りたくて躍起になってしまうのですが‥

スピリチュアルな体験は個々で違って、答えも自分自身の中で導いていくものなのかもしれませんね。

error: Content is protected !!